読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しい体の洗い方教えます!このままでは肌が荒れ放題ですよ?

んにちは
元・アトピーでいじめられたシュージです。

 

今回は
「お風呂での体の洗い方」
について話していきます。

 

僕がまだ小さかったころ
お風呂に入るときや銭湯に行くとき
だいたい父親とお風呂に入っていました。

 

そこで、体の洗い方を学ぶんです。
タオルにせっけんか
ボディーソープを
つけてゴシゴシこすることを覚えました。

 

銭湯で周りを見渡しても
タオルでゴシゴシとこすっています。
友達と一緒にお風呂に行っても
タオルでゴシゴシゴシゴシ。

 

あなたも同じように
タオルで肌をゴシゴシこすっていませんか?

 

このままだと
乾燥肌が治りません
さらに
かき傷が増える一方です。

 

乾燥肌やかき傷を治すには
この記事を最後まで読むことが近道です。

 

あなたがここで知識をつけることで
友達にその方法が
間違っていることを教えてあげることができます。

 

あなたは友達から感謝されます。
「ありがとう」
と言われます。
友達から感謝されるのは嬉しいですよね。

 

 

体をタオルでゴシゴシこすると
あなたの肌はどうなるのかご存知ですか?

 

あなたの肌は敏感です。
あなたの肌には刺激から守ってくれるように
肌の表面に油の膜や角質などがあります。

 

お風呂入るだけでも
肌にはダメージがあるのに

 

さらに体をこすると
傷口に塩です。

 

体をこする行為は、
乾燥の原因
痒みの増加につながります。

 

肌というのは
体を守ってくれているバリアーでもあり、
とてもデリケートなものでもあります。

 

正しい体の洗い方とは

 

良く泡立てること
体を指の腹で洗うこと

 

せっけんや、ボディーソープを
よく泡立てます。

 

泡立てた後
肌を覆うように
優しく指の腹で体を洗っていきます。

 

爪を立ててはいけません
肌を傷つける行為は避けてください。

 

泡立てる道具として
ネットなど使うとストレスなく泡立てられます。

 

これでも僕はストレスに思ったので
Dove エアリーモイスチャー
を使っています。

 

ポンプを押すと
泡立てた状態で出てくるので
泡立てる手間が省けるのがおススメです。

 

ストレスなく
お風呂に入りたいですよね。
お風呂はリラックスするところだと思っています。

 

今からできる
あなたにお風呂に入るとき
にしてほしいことは

 

タオルを持たずに入ってほしいです。

 

人の癖はなかなか直りません
タオルをもってお風呂にはいると
体をそのタオルで洗うでしょう。

 

あなたが体を洗い終わるまで
タオルはお風呂場に持っていかないでください。

 

あなたのアトピーについての悩みが

ありましたらコメントください。

 

あなたのアトピー

一緒に改善し、

自信のある肌を手に入れましょう。